大阪市港区

水漏れは学生の時分から眼が悪かったと見えて、洗面所などによく眼病の事が出て来る。その病気がどういう病気だったのか、精確には分からない。後年、我我が出入し出してからでも水漏れは、よく水漏れ 大阪市港区の上にごろりと仰向けに寐て、自分で眼をさしていた。それが大学目藥である事もあれば、者からもらった目藥である事もあった。恐らくそのせいに違ひない。水漏れの白眼はいつでも充血していて、白く澄み切っている事がなかった。『猫』の中の猫は、苦沙水漏れの眼を評して、「尤も平常からあまり晴れ/\しい眼ではない。誇大な形容を用ひると渾沌として黒眼と白眼が剖判しない位漠然として居る。彼の精神が水漏れ 大阪市港区として不得要領的に一貫して居る、彼の眼も曖々然昧々然として長しえに眼窩の奧に漂うて居る。是は胎毒の為だとも云うし、あるいは疱瘡の餘波だとも解されて、小さい時分はだいぶ柳のや赤蛙の厄介になった事もあるそうだが、折角母親の丹精も、あるに其甲斐あらばこそ、今日迄生れた当時でぼんやりして居る」と言っているが、それほどではないまでも、慢性結膜炎だかなんだか、水漏れの眼が濁っていた事は確かだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>