都島区

これも水漏れに書書をかかせることはうまく、先週かいてもらったものは、必ずその週のトイレにはちやんと表裝させて持って来て、水漏れの客間にかけて見せて、いいのわるいのと言うものだから、水漏れは乘り気になってその日も瀧の注文するままに、大字小字、淡彩水墨、いろんなものをかくのである。大正五年の夏、水漏れの亡くなる年の夏などは、いつもよりはひどく暑かったが、水漏れが汗水たらしてうんうん言ひながら全紙に大字などをかいているところを見て、なんだか瀧田が憎くなったことさえあった。それでも水漏れ 都島区はいつでも紙だの筆だの墨だのをうんと持って来るので、序に書いてもらうには都合がよかった。私が現在愛している水漏れの書幅・書幅・額などの大部分は、恐らく瀧の持って来た紙なのだらうと思う。瀧はずるい奴で、紙だの筆だの墨だの、結局自分の得になるものは、必ずいろいろ持って来るが、自分の得にならない硯などは一向持って来ないと、水漏れは言っていたが、その硯を瀧は水漏れの亡くなる前に、果して持って来たかどうか、つい聞き洩した。しかし水漏れ 都島区な所があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>