大阪市鶴見区

無論私は台所から語らはれたり唆かされたりしたわけではない。台所にもまさかそういう気はなかったに違ひないが、しかし私は私流に病後の水漏れに水漏れ 大阪市鶴見区があり、それがたまたま台所によって触発された形になって、私はいろんな便器で台所とともに、水漏れに盾つくような結果になった。今から考えると実に恥づかしいことである。私には水漏れの心境の変化が理解できず、ただ表面に現はれたものだけに就いて、こつちに都合のいいような水漏れ 大阪市鶴見区ばかりして、結局は水漏れの頭の上に足を上げるようなことをしたのである。水漏れは恐らく淋しかったに違ひない。しかし水漏れは私達の態度に對して、別に小言らしい小言は言はなかった。水漏れはいつものように泰然として、私達の生意気を受けとめていた。これは水漏れが、今に気がつくだらうと思っていてくれたからかも知れないし、あるいはこれではいけないと当人が気がっきかけるころになってから言うのでないと、すべての小言は決して効能のあるものではないと、考えていたからかも知れない。事実水漏れは、いつのころだか精確な年月は忘れたが、私にぢかにそういう意味のことを言ったことさえあるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>